げんさんのつれづれ日誌


by kmongoru

カテゴリ:おんがく( 60 )

今日はこめりーずの活動がありました。
砺波H支援学校の学校祭でコンサート。のりのりの子供たちに助けられて、短いけれどもとても楽しいコンサートでした。
ちなみにプログラムは、ドレミの歌、バッハのメヌエットのロックバージョン、メンバー(モン太郎)によるジャグリング、ナイトインザットランド、クラシックメドレー(11曲)、華の舞(滝沢卓作曲)、童謡アニメメドレー、アンコールに聖者の行進。


で、9月から始まったコンサートツアー?
まずはこめりーずによる射水市ボランティアフェスティバル。
魔笛の会の県庁職員文化祭。
ちなみにプログラムはAKBあり嵐あり、大河ドラマのテーマあり、セミクラシックありのなんでもあり?!

そして今日10月29日の演奏。
次は11月5日の黒部学園(魔笛の会)
11月23日2校合同保護者会主催のイベント演奏(こめりーず)。
12月3日山室児童館(こめりーず)。
12月4日Fヴァイオリン教室発表会。
12月13日戸出T保育園クリスマスコンサート。
12月15日千成保育園クリスマスコンサート。
そして12月25日ドレミ音楽教室発表会。
以上9本!これ以外に4つあるのですが、流石に都合がつかず不参加とさせていただいています。
多分来年は職場の事情と息子の野球その他の関係ですべてキャンセルすることになると思うので(毎年そんな事言っている気がするけど)、何とか自分に鞭打ってがんばって年を越したいと思います。
と言っているそばから、次回アンファンタンカルテットの発表曲が決定(流石に日程は決めていない)。ハイドン、フォーレ、ベートーベン各一曲。いつもさらわずに弾いているから、今度こそちゃんとさらおう!と日記には書いておこう(このフレーズ知ってる人は結構ご年配?!)
[PR]
by kmongoru | 2011-10-29 22:48 | おんがく

ドラムの発表会

明日は息子の習うドラム教室発表会。

曲がはかせたろうのひまわり(朝ドラで使われていたテーマ曲)なので、私も混ぜてもらうことになりました。今夜はそのリハーサルがあったのですが、2回通しただけでOKになってしまいました!

息子は発表会に出るのが3年続けて3回目。結構余裕綽々、といった感じ。私の方は…ま、まずい!!というのが自分の感覚で・・・

実際ちょっと足ががくがくしていたのですが、明日はきっと緊張して手も震えると思います。

でも・・・息子が相手してくれるのも、これが最後かもしれません。せめて良い思い出作りといたしましょう。
[PR]
by kmongoru | 2011-07-02 23:16 | おんがく
4月のゴールデンウィーク直前の日曜日、休みを調整して参加しました。

一年近く、月に一度集まって練習しました。途中で、プロの方に見てもらうなど、楽しく遊ぶことが出来ましたし、とりあえず止まることなく演奏を終えることが出来たので、アマチュアの発表会としてはお許しいただけるのではないかと思っています。

練習の過程で感じたことですが、

年のせいかどうか良く分かりませんが、曲の感じが覚えられない事に困りました。

多分、担当するヴィオラのパート的な性格もあるのでしょう。
内声を形成するので、CDで聞いても良く分からないところが多いですし、集まったときはとりあえず通すことで手一杯で、どんな風に聞こえるところなのかな、とか部分を取り出して確認している時間がありません。

さらってあれば克服できる部分もあるとは思いますが、ヴィオラどころかヴァイオリンでさえ月に2~3度しか触らない生活なので、合奏練習=おさらいと言う状況。

次の練習時には、とっても新鮮な気持ちで?練習に挑む、と言うことの繰り返しでした。

本番の録音を聞いて、改めて、あっ、こんな曲だったんだ、と気づいている始末です。

次回、どんな曲をやるかはまだ決まっていませんが、練習時の様子を録音または録画しておいて、少し早い時期に曲の感じを把握できるように工夫してみようかなと思います。

特に録画が効果的かなと思っています。録音は以前にもしたのですが、アンサンブルの縦の構造が動きとして分かると、ボーイングを決めるのに役立ちそう。

個人練習でさらう事が実際難しいので、今考えられる改善点はこんなところです。アルモニコにもいえるかな。人数が多い分だけ、実際あっているのかどうかかなりファジーで本番直前にチャカチャカッと仕上げている感がありますから。
[PR]
by kmongoru | 2011-06-15 09:07 | おんがく

音楽会告知

趣味の弦楽四重奏「アンファンタンカルテット」第2回発表会

「これ以上同じ曲を練習するのはつまらない」こんな神をも畏れぬ理由で開催される発表会。
個人的には、まださらっていない(多分本番までさらわない)ところがいっぱいで、落ちたら止めてもらうか適当にどこかから入るか、そんなことに真剣に悩んでいる状態ですが…
そんな演奏でも、聴いてくれる人がいるとうれしいと思うから、不思議なもの。

「こんな楽しみ方も、まあありか」くらいに思っていただける、心の広い方、ふらりと立ち寄っていただければ幸いです。

日時 平成23年4月24日(日)午後2時より
場所 フォルツァ総曲輪4階ライブホール
内容 メンデルスゾーン、モーツァルト、ドボルジャークより各1曲
入場はもちろん無料です。発表会ですから。
たとえ演奏会と銘打っても、アマチュアが人様からお金とって演奏する、なんてのは自分にはちょっと理解できない。御代は見てのお帰り、とか、趣味の合う方々からカンパをもらうなら、まだ少し分かりますが。
いろんな考え方があるのかもしれないけれど、子供のころからの考え方や、師匠たちがやっていたスタイルだから変えようが無い。
[PR]
by kmongoru | 2011-04-18 00:18 | おんがく

因果はめぐる・・・

私が高校1年生のときに買ってもらった楽器。
f0093493_23172073.jpg

四半世紀使ったあたりで高校のオーケストラ部に入った姪っ子に貸しました。
その姪っ子が大学のオケに入りなんとコンサートマスターをすることに。
名古屋まで日帰りで聴いてきました。
f0093493_2326509.jpg

短い修行年数で、良くやったと思います。立派な立ち居振る舞いに、思わず父親のような心境になってしまいました(本当の父である兄もちゃんと隣で聴いていましたが)。

奇遇なのが、東海北陸道の両端を結んだ大学、富○大学と名☆屋大学で、この私の使っていた楽器がコンマスを努めたということ。

私が富○大学でコンマスをしたのが昭和60年。そして平成22年に名☆屋で。

本当にお疲れさんです。ヴァイオリンさん。これを着るものも買わずに買ってくれた母親に、感謝感謝(^^)
[PR]
by kmongoru | 2011-01-25 23:27 | おんがく

こめりーずピザ新年会

f0093493_2333352.jpg

あけましておめでとうございます

今日は1号邸の薪ストーブを使ったピザを楽しむ新年会。全員はそろいませんでいたが、久々に隊長のお姿も拝見でき、おいしく楽しく執り行われました(^^)

先に集まったメンバーが下ごしらえをしておいてくれたので、不肖2号が伸ばさせていただきました。
f0093493_23363075.jpg

ピザソースの上に具材をのせて
f0093493_23373377.jpg

ストーブに投入!!
f0093493_23375851.jpg

焼き立てをみんなでぱくついたのですが
f0093493_23384291.jpg


うまい!”#$%

いやはや、こんなにおいしいとは思いませんでした!次回は絶対に自転車に乗ってこれる日に!だってこりゃ絶対ワインが飲みたい。ウンウン。

みよねえのかわいいお孫さんと遊んだり、いろいろお話。モンさん邸のプラモルームの話も出たり…
あれ…そういえば音楽や練習の話はほとんど無し。でも、こんな場がきっと楽しく素敵なアンサンブルを生む!?
[PR]
by kmongoru | 2011-01-05 23:42 | おんがく

久々の音楽情報

11月から12月は、演奏の機会が多いです。
10年以上お手伝いしている高フィルの定期。3年前復活してからお手伝いしているアルモニコ。
そしてへんおじはクリスマスシーズンの依頼が。
他にカルテットの病院演奏も飛び込んで、次の通り7本。
11月14日 アルモニコ室内合奏団演奏会 婦中ふれあい館ホール
12月5日  高岡フィルハーモニー管弦楽団演奏会 高岡市民会館
12月11日 カルテットミニコンサート 朝日町某病院
12月14日 16日 18日 20日 高岡市内保育園など へんおじ(こめり~ず)クリスマスコンサート 
早く来年になあれ!!

ちなみにいわき交響楽団の方からリンク先アドレス変更のコメントを頂きました。子どもの頃からお世話になっていたヴィオラとチェロの先生がお亡くなりになって、ますます縁遠くなるふるさとですが、か細い糸の一本。ありがたい連絡でした。
余談ですが、いわき交響楽団のHPリンク集の常光今日子さんは、高校時代2年間お世話になったまり江先生の娘さん。わたしが教わっていたのは30年近く前なので…まだ生まれてもおられなかったのか!!年を感じるなあ…
[PR]
by kmongoru | 2010-11-10 16:10 | おんがく

カルテット再始動

転勤になっていたチェロ奏者が帰富したので、先月からアンファンタンカルテットが再開しました。

曲もMさん、BMさん、Dさんから各一曲選び、今日が2回目の練習。一応弾けていないけど通す、と言うことだけは出来たので、時間を見てサラって行きたいです。

亡き師匠のヴィオラを弾くよい機会。ケースもなんとかコンビをひとつ手に入れたので、お稽古と合わせてがんばりたいものです。
f0093493_23395350.jpg

[PR]
by kmongoru | 2010-05-28 23:40 | おんがく

ボランティア演奏って…

音楽カテゴリのアルモニコ出張演奏のところで書きましたが、父親がボランティア演奏のネットワーク立ち上げを企てまして…本当に立ち上がってしまいました。
http://www2.iwakinpocenter.org/imuvo/

私も富山でへんおじ、魔笛の会、アルモニコ、また個人でも、保育園、老人ホーム、病院、小学校などなどでボランティア演奏する機会をいただいていますが、こうしたネットワークがあれば演奏したい人にとってもプラスだろうなと思います。

ただ、いろんな立場の人がいるので、これが成立するかどうか、これからの広がりの有無に興味があります。まあでも、立ち上がってしまったこと自体がちょっと驚きでした。
[PR]
by kmongoru | 2010-05-15 21:12 | おんがく
朝からバタバタしました、少し落ち着いたので。なんかおもしろいことにもなりそう。それは後からコメントするとして・・・

昨日書き込んでたらどっか間違って押して消えちゃったので思い出しつつ。

10数年ぶりに復帰したシティフィル。何のご縁か私が富山に来た年に発足した市民オケ。
同じ年に故郷いわきにも市民オケが出来たこともあり、なんとなく比較しつつ関わってきました。

まずは聴衆として。2回、3回の定期を聴きに行きました。

2回のときはピーターと狼を覚えています。生で聴くのは初めてだったかな・・・今もセカンドVnで弾いているY夫人がはつらつとしたボーイングで弾いていたのと、最後列でひときわ目立つ音を出していた富大フィルOBのT氏が印象に残っています。

3回の時はグリーグのピアコンでしたでしょうか、まだフルオケでコンチェルトをやったことがなかったので、うらやましく感じました。

4回はエキストラで出演。黒田講堂にOBのR氏(去年は娘さんがシティフィルでVn弾いてらっしゃいました)がトラを募集しに来て、当時年甲斐もなく不登校をしていた私はふらふらと合宿まで参加して、現在最高齢団員A氏やN氏などと大変仲良くさせていただきました。

その後、社会人になってから数年団員をし、海王丸パークの第9の時は1stVnのPlをしたり、今のオケ連の合同演奏でしょうか、県民オケの活動にも積極的に参加するなどしていましたが、仕事や家庭が忙しくなったことや、オケ自体がおもしろくなくなったこともあり、やめてしまいました。確か最後の演奏はヴィオラパートでベト7だったと思います。

その後は積極的に聴きに行くことはありませんでした。兄を案内した時と、土井先生の息子さんがソロを弾くと聞いたときくらいでしょうか。

去年久々に復帰し2回本番に出ることができましたが、やっぱり継続は大変でした。
この春でやめることを考えましたが、Plの方など温かいお声がけもあり、休団・退団は思いとどまり、しばらく様子を見ることになりました。

なまじ学生時代にPlやコンマスをやった為でしょうか、オケの運営には妙なこだわりが有り、自分がこんなメンバーいたら困るな、と言う考えを持ってしまうので、結果自分を追い込んでしまって楽しめない、と言うこともあるようです。随分年も取りましたので、ここは許される限り周りに甘えて、ゆるゆるとさせていただくことにします。

といってるそばから、そんな自分が許せなかったりするんですが。
[PR]
by kmongoru | 2010-03-20 10:55 | おんがく