げんさんのつれづれ日誌


by kmongoru

<   2010年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

人形劇の集い 最終回。

平成21年度から、月に一度は人形劇のキャッチフレーズ(自分だけだけど…)始めたプレイホールイベント。

今日が今年度の最終回。「えがお組」さんの出演でした。
ほんとはもう一組「あみてぃえ」さんも予定していたのですが、お身内に突然のご不幸がありキャンセル。ご冥福をお祈りするばかりです。
とても残念ですが、またいつか落ち着かれたら是非チャレンジしていただきたいと思います。

えがお組さんは昨年に続き2回目の登場。更にパワーアップして楽しく子供たちと過ごされていました。
f0093493_17195346.jpg


参加者も200名近く入りました。今回は相談の上、出入りを比較的自由にしたのですが、ほとんどの人が出入りすることなく最後まで楽しく集中して参加されていました。
よちよち歩きのかわいい赤ちゃんもなぜかたくさん居られましたが泣く事もなくお利口さんばかり。

ちなみにスタッフが私しかいない日だったのですが、常連のかりんちゃんとりくとくんが大活躍。
かえっこでもこりゃ期待大ですね!

終演後も和やかな、とても良い公演となりました。
f0093493_1723713.jpg


その後開いた今年度の意見交換会も、皆さん忙しく参加者は少なかったのですが、とても活発にお話をされ、良い意見をお聞きすることが出来ました。
来年は月の第3日曜日に決めて実施予定。
今から楽しみです。
[PR]
by kmongoru | 2010-02-28 17:24 | おしごと

館内ラリーなどなど…

第10回目の活動。またしても雪に嫌われ…

館内ラリーとなりました。ただ、来月お泊りを予定しているクラブとしては、館内くまなく歩いて、確認しておくことはそれなりに大切なこと。また、小編成で協力して動き回ることが出来るか、子供たちのグループ化がどの程度進んでいるのか試されるプログラムともいえます。

プレイホールでは和太鼓どんどんクラブが来月の発表会を控えて真剣に練習している中を…
f0093493_1664527.jpg


まずは早押しクイズ。勝ち抜いたグループからスタートできます。
f0093493_1672473.jpg


16箇所に仕掛けられたキーワードカードを探し出し、記録していきます。
f0093493_168945.jpg

怪我をして歩けないメンバーは、とあるコーナーで何気なく答をアドヴァイスしてくれています。
f0093493_1685651.jpg


館内を走り回り、あっという間にクリアしたメンバーは、今度は鬼ごっこを自主的に始めました。
こうした瞬間に、グループ化が多少なりとも進んだことを実感できます。
f0093493_1695432.jpg
f0093493_161067.jpg
f0093493_16101796.jpg

大人が用意したものをただ受容しているうちは、遊ばされていると言う状態です。
自分たちで時間を作り出し、自分たちが遊びを考え、仲間に呼びかけ、行動する。
これは年度当初には出来ない動き。やってきて良かったなあ、そして頼もしく成長したなと感じられる時です。

もちろん、だからと言って何でも出来るようになったわけではありません。特にお泊りの生活部分などはまだまだだと思います。そこへの橋渡しになるように、班活動で役割分担などをその後行い、
f0093493_16132859.jpg


最後、残り10分を作り出して今度はクモ鬼。
さあ、最後のお泊りで、どんな能動的な姿を見せてくるのでしょう!!
[PR]
by kmongoru | 2010-02-27 16:16 | バンデット

アルモニコ出張演奏

行って来ました八尾小学校と豊田小学校。

八尾はたびたびお邪魔しているので何だか申し訳ないようですが…

1・2年生と5・6年生に分かれて2ステージ。

アルモニコとしては初めて。細かな破綻はありましたが、生の演奏を体験してもらうと言う一義的な目的は果たせたように思います。

お弁当をいただいて、すぐ移動。

お昼からは豊田小学校で3・4年生と5・6年生に分かれて2ステージ。
移転新築したばかりの校舎で、響きの豊かな素敵なホール。八尾も素敵なホールでしたが、こちらもなかなかのものです。

取り急ぎセッティングをして
f0093493_16124163.jpg

まずは中学年から
f0093493_16145385.jpg

こちらもちょっとテンポ感の違いなどがありスムーズな出来とは言えませんでしたが、やはり生の演奏を体験と言うところは子ども達に感じ取ってもらえたようです。

ピアノや管楽器と違って、弦楽器に触れる機会は下手すると一生無いのが日本の音楽文化の現状です。プロの方にいちいちお願いするわけにもいきませんし、地域の愛好家がもっとボランティアで参加出来る機会があれば良いと思います。

私の父が故郷いわきでそんな活動を立ち上げようとしているみたいです。

今日やってみて、その大切さが実感できました。是非がんばって欲しいものです。さあ、富山にそんな人は現れるかな?
見る限り無理っぽいけど(^^)
[PR]
by kmongoru | 2010-02-25 16:19 | おんがく
行ってきました二上保育園。

インフルの影響でクリスマスから延期になっていたもの。
いきなり1号のクリスマスソング。メンバーみんなクリスマスグッズをつけてボケてみましたが・・・

子ども達はみんな素直。
メリークリスマスにはメリークリスマスで返してくれました(^^)

まあご愛嬌はこのくらいで、先生方にも太鼓をたたいてもらったり
f0093493_12362453.jpg


ヴァイオリンにオカリナ、サックスの演奏の合間にはお楽しみのモンさんコーナー
f0093493_1237177.jpg


メドレーで体があったまるまで盛り上がった後は聖者の行進で練り歩き、
最後に素敵な花束や首飾りをいただきました
f0093493_12382961.jpg

毎度プライバシーのことがあるので子ども達の素敵な笑顔をアップで写せないのが残念ですが

2号の進行にチョンボはあったものの、皆さんのフォローで楽しく過ごしてまいりました。

帰宅してすぐに洗濯、洗い物、そして合間にこれをアップして・・・
さあ、軽く昼飯済ませたら、午後からドレミのレッスンです。夕飯の仕込みはその後だな。さあ、がんばりましょう!
[PR]
by kmongoru | 2010-02-23 12:41 | おんがく

かんちがい?

いろんな形で音楽を楽しまさせていただいていますが・・・

いろんな形の「かんちがい」も体験させていただいています?!

まず個人レッスン・・・
ドレミファソラシド、も出来ないのに、曲を弾かせていただいています(^^)。
まあ、これは先生の耳と心には害を与えていますが、他人様に迷惑はかけていないのでドンマイドンマイ。

保育園や学校など子ども達の前で演奏・・・
ヴァイオリンの音ってこういう音なんだ、という原初体験を与える危険性があります!
ちなみにその反省からレッスンも行き始め、つまり経済的、時間的な自己投資を行い、当日も出来うる限りの良心的行動を心がけています。

人に教えること・・・
人に教える立場、レベルにありません。ですが、自分も子供のときから自分のようなアマチュアの先生に手ほどきを受け、ここまで来ました。そうしたことも生徒さんには説明の上、先生と言うより、一緒に楽しむ仲間の先輩、と言うスタンスで接していますし、そのように了解していただいています。まあだからドンマイの範囲。

オーケストラで弾くこと・・・
これは難しい。自分を是とすると周りが勘違いの集団に思えるし、周りが正しいのならば自分が相当の勘違いをしているように思います。
これはあくまで自分の感覚なのでなんとも言えません。ただ・・・

ヴァイオリンに限って言えば、オーケストラでロマン派の曲あたりまで弾くと言うことは、モーツァルトのコンチェルトを一通りさらえている(カデンツ付きで)ことが条件ではないかと感じます。
技術的にも、出来る範囲で歌うことを考えても、その程度の個人技術がないと合わせるゆとりがまず無いはずです。
または、これはアマチュアにだけ許される(誰が決めたんじゃ?)ことだと思うのですが、弾けないところは弾かずに全体に調和する技術をしっかり持つこと。それを悔しいとかつまらないとか考えるのではなく、それが合奏というものだという割り切りですね。

前者をもっている人または目指す人は、問題意識さえ持てば、オケで多少無茶な弾きかたをしてもいずれスキルアップして、次の合奏にもプラスαで臨めるはず。

後者のやり方で参加する人は、どれだけ演奏回数を重ねてもプラスαは望めません。演奏会などが終わり、次の合奏をするときは0ないし1に戻ります。
それでもまた半年とか1年とかかけて曲になっていく過程は楽しめますので何の問題もありません。

つまり、この場合で言うオケの勘違いは、そうしたアマチュアオケのあり方、楽器演奏への姿勢、方法論その他について、あまり考えた事がない人が集まった場合のことを言います。

特に後者の方をたとえて言えば、料理本を見て1回作れたからと言って、料理の基本がわかっていないのにノーレシピで作れといわれても、出来ませんよね。でも料理は楽しいし食べるのを楽しみたい事に何の罪もないはずです。

とにかく、こうじゃないといけないとか、なぜこうならないんだ、と言ったこだわりを捨てて、心から音楽と人のつながりを愛せるような活動がアマチュアの活動には求められて良いのではないかと、感じます。0からスタート、いいじゃないですか(^^)

これって、勘違い?
[PR]
by kmongoru | 2010-02-22 17:44 | おんがく

ピアノの調整

プレイホールのカーテン裏にあるアップライトピアノ。
f0093493_1741853.jpg

いつもほったらかしなのですが、3月はFS合唱団の発表会とムジカレンクラブのコンサートがあるので、久々に調律していただきました。

調律してくれたのは、八尾にお店を構える「B B ピアノ」南部さん。

5年ほど前でしょうか、ゼペットクラブでピアノの表面にペインティングして遊んだ時以来のお付き合い。

普通の楽器屋さんの型にはまらない、ユニークなお話もたくさんお聞きすることが出来ます。

もちろんピアノの方も、変な響きやバランスの悪さがすっかりなくなり絶好調。

本番も頑張ってくれそうです。
[PR]
by kmongoru | 2010-02-22 17:06 | おしごと

大忙し!!

昨夜はシティフィルの練習へ。

ベト7を20数年ぶりに弾きました。懐かしいですね。

休憩になったところで失礼してへんおじの練習へ。

12月にインフルの影響で延期になったものが来週本番。

ある程度パターンがあるし、皆さんベテランなのでパンパカパン、と出来上がり。
楽しく過ごせそうです。こめりーずコンサートの企画も出て、さてさてこの後どうなるやら・・・

今日は仕事を2時間抜け出してアルモニコの練習へ。木曜日にある小学校での演奏の最終練習。
現場が何んとかなりそうだったので、無理をして事務のきりの良いところで。

う~ん、大変です。曲はそんなに難しくないのですが、まだ譜面なれ、曲慣れしていなくておっかなびっくり。

なれないジャンルだとモット準備が要りますね。でも仕方がないです。出来る限り頑張りましょう!!
[PR]
by kmongoru | 2010-02-21 17:41 | おんがく

キンダー広場

こどもみらい館では、第一・第三土曜日の午後2時から、30分程度のミニイベントを行っています。

「キンダー広場」と言うのですが、未就園くらいの子どもとその親御さんたちが楽しめる「手遊びや歌遊び」、「絵本の読み聞かせ」、「パネルシアター」などを中心にした30分程度のプログラムです。

みらい館に登録したボランティアさんの中の有志が、1時間ほど前に集まって打合せをして、協力しながら運営しています。
このスタイルはもう10数年続いていますが、人がすることなので、当然入れ替わったり、細かな部分での変化はたくさんありました。

子ども達の育ちを見守るにも、いろいろなスタイルがあると思いますが、これもとっても柔らかな良い空間だと思います。

今日はその有志が集まって、今年の反省や次年度の運営について意見交換を行いました。
私は指定休だったのですが、この集まりは絶対逃せません。駄菓子を携え昼から出勤いたしました。

とても楽しい意見も出たので、次年度も楽しみです。

皆さん忙しい中やりくりされているので、思いのたけをすべて実現できるわけではないのですが、気負わずに、少しずついろんなことが出来たらよいなと思いました。
[PR]
by kmongoru | 2010-02-20 16:47 | おしごと

スキー体験

更新ついでに・・・

授業参観の振り替え休を利用して、少年野球チームでのスキー体験がありました。

すでに滑れる子にとっては楽しみながら体力強化を図れたり、近々予定されている遠征の為の団体行動の練習にも。滑れない子にとっては、基礎からしっかり習うことが出来るとても良い機会でした。
f0093493_15305145.jpg


家族で連れて行っても甘えて言うことを聞かない子でも、こうした集団活動の中だとそれなりの行動を取りますから、当然覚えも確実です。子供たちにとって良い機会であることはもちろんですが、親の立場からしても本当にありがたいことだと思いました。

一人ケガをした子がいたのはとってもかわいそうで残念でした。
成長期の子供のことですから、きっと早く治って今まで以上に元気になってくれることと思います。
と言うか願っています。
[PR]
by kmongoru | 2010-02-17 15:32 | あらかると

遊具での遊び

いまプレイホールでは、トップパネル・プレイクッション・ローローボール・皿回しの3種類を設置しています。

トップパネルはアレンジ可能な簡易ジャングルジムみたいなもので・・・
のぼったりくぐったりすべったり、体全体を使って遊びます。
未就園くらいの小さな子にとっては、父母に手を引いてもらって上を歩くだけでもスリル満点。楽しみながらバランス感覚も培います。
プレイクッションはアイディア一つでいろんな遊びが出来ます。一つ間違うと凶器にも?は大げさですが、それくらいの勢いでダイナミックな活動も可能です。

これらはダイナミックすぎて家では遊べませんが、ローローボールや皿回しは比較的手軽な遊びです。
その為か来館者の方からも入手方法などよく聞かれます。参考までにそれも含めてコメントしますと・・・

ローロー・・・は土星のような形状のボールに乗ってとんだりはねたり。
乗り込む時点ですでにバランス感覚が要求されます。導入したのは10年以上前で、今では持ち手の付いたものがおもちゃ屋さんで売っています。
f0093493_1519570.jpg


皿回しもおもちゃ屋さんで購入できますが、館では出入りの橋本玩具さんか、NPO子ども遊ばせ隊の早川先生のところから入手しています。
お皿が一般に見るものよりやわらかく、怪我の危険性が低いと判断しているからです。
また、回すための棒はいろいろ試したのですが、園芸の苗棒を使っています。
木の棒のように折れる心配が少なく、先端があまり鋭利でない割りに回しやすいので、不特定多数が利用する館では最適と判断したからです。

子供たちにとって楽しく有意義なものを探し出す努力も大切ですが、それをよりよい状態で提供する工夫がそれにも増して大切になってきます。一番大事なのはそれを伝える人であることは言うまでもないのですが・・・
[PR]
by kmongoru | 2010-02-17 15:26 | おしごと