げんさんのつれづれ日誌


by kmongoru

<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

こいのぼりのせびれ作り

午前中に青い背びれが完成して、乾かしておきました。
f0093493_16251828.jpg


さあ、午後は赤い背びれを作ります。
f0093493_16243762.jpg

今度は比較的初期の段階から、子ども達が描いてくれました。
周りで見守る大人の方々も興味をもたれているよう。
f0093493_16264415.jpg

のりのりで塗り終わったら、乾かしておいた青い背びれをこいのぼりに設置。
次に赤い背びれも乾いたので同じ要領でのっけます。
f0093493_16281581.jpg
f0093493_1628266.jpg

のせるところまでしっかり手伝ってくれた子がいました。

さあ、後は5日までの間に2千数百枚のうろこを飾り付ければ金銀の豪華なこいのぼりが完成します!

みらい館はレジャー感覚で来館される方が多く、子供たちの共同制作はめったに行いません。
「・・・ワークショップ」と銘打って時間と人数などを決めて募集して行う場合も基本は個人プレー。しかし、2年前から始めたこの背びれ作りは、入れ替わり立ち代りではありますがプチ共同制作として行っています。

ウロコは完成までの大きな変化が1日ではあまりありませんが、背びれをつけるのはちょっとしたプレミアイベントになり、巨大なこいのぼりの重要な一部を担ったと言う達成感を生むようです。
[PR]
by kmongoru | 2010-04-29 16:39 | おしごと
ゴールデンウィークスタート!ではありますが、天気も悪く滑り出しはぼちぼちといったところでしょうか。

先週から始まった巨大なこいのぼりをみんなで完成させるプログラム。
まだうろこの数は300枚程度。まだまだこれからです。

今朝から館のエントランスにシートを敷いて、背びれ作りを始めました。
昔は職員が背びれまで作りこんでいましたが、2年前から、子ども達と一緒に作って、平日、安全な時間帯を選んで本体に固定するようにしています。

今朝のスタート時には子どもが少なくて、職員がほとんど描き込んでしまったのですが…
f0093493_11222936.jpg


少しずつ子ども達の協力も得られて、午後には一つ完成しそう。
f0093493_11231641.jpg


もう一つはスタート時から子ども達の協力を得たいと思います。
[PR]
by kmongoru | 2010-04-29 11:28 | おしごと
来週からいよいよGWがスタートします。

プレイホールには、全長10メートルと12メートルのこいのぼりの骨組みを用意しました。

今日からGW明けまでの間に、この骨組みに簡単な造形遊びで制作したウロコを飾り付けてもらい、大きくてきれいなこいのぼりを完成させます。

早速アルバイトスタッフに朝一から来館した常連のKS姉妹も交えての運営レクチャーと試作タイム。
f0093493_10333510.jpg
f0093493_10334338.jpg

こういうとき、大人は何を描くかまず構想を練るところから始めますが、年少者ほど直感的に描き始めるのがおもしろいですね。
自分自身、何か描けと言われても困ってしまうタイプなので、よく文字でも抽象形でも構わないですよとアドヴァイスすることがあります。

今までこの手のプログラムは原色の絵の具を選択して、バティックらしい変化と飾りつけた時の華やかさを演出してきましたが、今回は金と銀の絵の具を見つけたので使うことにしました。
(写真はその濃度を調整しているところ)
f0093493_10383268.jpg


よしあしがあることは想定しているのですが、みんなで作り上げる意味合いを強調することにして採用。
さあ、どうなるでしょうか?!
[PR]
by kmongoru | 2010-04-24 10:40 | おしごと
昨年度、「人形劇の集い」と言うくくりで実施してきたゲストによるステージプログラムですが、人形劇のくくりでは紹介しずらいプログラムの方が圧倒的に多いので、もっと親しみやすく、かついろんな人が登場しやすくなるように、「わくわくステージ」と言う名称に変更しました。

昨日はその第1回目。

以前からいろんな形でみらい館がお世話になっている、モン太郎さんによる単独ステージを行いました。

160席あるロールバックチェアもほぼ埋まった感じで、沢山の親子連れや、この後出演予定の太陽グループさんの姿も見られました。みなさん勉強熱心です。

まずはミッションインポッシブルのテーマで場内がまっくらに。スポットライトがステージ上をモンさんを探してなめまわします。

そして、音楽が終わり明るくなると、まずはボールで軽くご挨拶。
f0093493_12391667.jpg


そして、今回お願いしておいた、子どもたちを巻き込んでのマジックコーナーやミュージックコーナー。
f0093493_12401111.jpg

f0093493_12402135.jpg

自作の「おいらはやどなしやどかりさ」も、いつの間にかからおけMDを作っておられて、見事な演奏を披露されました。
子ども達とのやり取りも暖かくほのぼの。よくある、客いじりにしてもいやみが無いのがモン太郎さんのステキなところ。

そして、またハラハラどきどきのジャグリングタイム。このバランスの上にある卵がどうなるか?これは観てのお楽しみ。ここでは教えられません。
f0093493_12434659.jpg


ラストはジャグリングとミュージックの合体した「カルメン」
f0093493_1244278.jpg

会場の手拍子と一体になってのフィナーレ。軽快な音楽とクラブの演技で幕を閉じました。なんと、たっぷり1時間。あっという間の楽しい時間空間となりました。

モンさん、またよろしくお願いしますね!!
[PR]
by kmongoru | 2010-04-19 12:46 | おしごと

プレーバス新旧交代

開館以来働き続けてきてくれたプレーバス(車庫内のもの)。

18年間、県内各所の児童館や放課後児童クラブに、遊びのプログラムを載せて巡回して来ました。

他にも、プログラムに必要な資材を買出しに行ったり、キャンプの際の資材車や仮設の本部になったりと、大活躍でした。

車種はT社からN社へ。装備も現場のニーズを一部取り入れていただき、更新されました(画像右側の車庫外のもの)。

前任者(車?)の思いも引き継いで、新しいスタートです。
f0093493_11372837.jpg

[PR]
by kmongoru | 2010-04-10 11:37 | おしごと

来館者400万人達成!

平成4年7月7日の開館以来、来館者数が400万人を達成しました。

f0093493_16211419.jpg


簡素にセレモニーが行われ、記念品などを贈呈しました。

100万人ちょっとの人口規模の県にある児童館で、立地的にも自家用車でないと来る事ができないアクセスの悪い場所にもかかわらず、本当に沢山の方に利用していただいているなと思います。

これを東京に置き換えると、4000万人、年間200万人が利用していることになりますね(すごい単純計算)。

いわゆるリピーターの方に支えられているのが1点、それと、申し訳ないのですが、近隣の県に子どもの為の魅力的な施設が少なく、県外からの個人・団体の利用があることも大きいと思います。

そして何より感心するのが、アクセスが悪い、わざわざ県外からと言うことを考えると、大変でも連れて行ってあげようという保護者の方の子どもへの思いです。同じ子を持つ親として、そこまで自分の子どもにしてあげているかと言うと、です。

年間利用者も20万人をキープしていたのですが、21年度は4000人ほど足りませんでした。それも10~11月のインフル騒動で前年比8000人減(どんな大雪の年でも、これだけの減り方は過去18年なかったので)だったので、それを差し引けば実質達成していることになります。

これだけ多くの方々の期待に応えるよう、何の責任も権限も無いとはいえ、最善を尽くす義務を感じます。
[PR]
by kmongoru | 2010-04-05 16:34 | おしごと