げんさんのつれづれ日誌


by kmongoru

<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

先週までは雪をあきらめて、室内での遊びを準備していたのですが・・・

ドンと降りました(^^)

プログラムも思いっきりファジーにして、遊び道具その他を手製のそりに積載して目的の無い雪中行軍を行いました。

一応、ファミリースポーツプラザまで「道を使わないで」行ってみようと設定だけしたのですが、たどり着く前に遊び始めてしまいました。

そりで滑ったり、雪に埋まったり
f0093493_16555286.jpg

ひたすら雪玉を作る人がいたり
f0093493_16561588.jpg


屋根のある場所を見つけて弁当にあわせるスープを作って食べたりしました。
f0093493_16565989.jpg


この日は気温も低かったので、コンロの火力がいまいちで少し苦労しましたが、寒い屋外で温かいものを体に入れて、冬の季節感も一層強く感じてもらうことが出来たのでは(寒い寒いとブーブー言われましたが)

館に戻ってから前の谷で遊びなおし。恒例のタイヤチューブはここでないとやっぱりだめですよね。
f0093493_16591896.jpg

これ二人乗り。ゲレンデ作りが出来なかったので4人乗りが時間的にも精一杯でしたが…
f0093493_17131537.jpg

さっきまでのブーブーはどこへ行ったやら。

遠くのスキー場へ行くのもステキですが、自分達の住んでいる近くの野山の楽しさを、季節を問わず満喫して、肌に良さを刷り込みながら大人になってほしいものです。
[PR]
by kmongoru | 2012-01-29 17:15 | バンデット

おなかいたい〓

息子が緊急入院。
娘は試験前日。

重なる時は重なるものです。

まるで親の力をテストするかのようです。

息子は痛そうで可哀想なのですが、こればっかりは…がんばれ!
[PR]
by kmongoru | 2012-01-13 22:19

お正月日記 1

今回は、4人と1匹での里帰り。
f0093493_1643969.jpg

名前は「しのぶ」くんです。以後お見知りおきを…

到着後、海岸線を少しドライブしましたが、こんな感じがあちこち見られた4月とは違い
f0093493_1645092.jpg

ずいぶん落ち着いた感じでした。
海も何事も無かったかのようです。
f0093493_1646093.jpg


アクアマリンも無事に再開を果たしていました。
f0093493_16465632.jpg
f0093493_1647116.jpg


ハワイアンズは全面オープンは2月にずれ込んでしまいましたが、たくさんの人でにぎわっていました。紅白のリハが入念に行われていました。
f0093493_16482587.jpg
f0093493_16483410.jpg

[PR]
by kmongoru | 2012-01-05 16:49 | あらかると
今年は4人でいわきに向かうことが出来ました。
去年は大学院生の方が大変で、お正月返上で論文を仕上げていましたので、3人での移動でした。

移動といえば…平成23年で言うと、これで何回目かな、いわきに行くの。

3月14日~16日にかけての1回目。両親を説得して富山に非難させました。

4月2日前後の2回目。この時は、帰りに福島の兄夫婦家まで足を伸ばしました。

4月26日からの3回目。インフラが戻った情報を受け、両親の意志を尊重していわきへ送り届けました。

そしてこの暮れと正月の移動。

う~ん。忙しくも楽しくも会った年末年始のことを書き綴ろうとしましたが、この間の事を思い返すと、地震と津波の被害への悲しみ、原発がらみの東電をはじめとする関係諸機関への疑問や不満、福島県はもとより富山県含め行政や民間のその後の対応への疑問などいろいろ頭の中を駆け巡って、思考停止!?

ちょっと落ち着いてからにしましょう。
[PR]
by kmongoru | 2012-01-03 13:54 | あらかると

おばあちゃんの四十九日

父方のおばあちゃんが10月末に他界し、その四十九日で京都の大谷本廟へ。
f0093493_1232217.jpg

ここにはすでにおじいちゃん、ひいおじいちゃんと眠っていますので、そこに仲間入りすることになりました。

我が家は全国に散らばっているので、なかなか親戚縁者と会う機会もありません。
そんな皆さんと会える機会をおばあちゃんからプレゼントしてもらった感じです。
おじいちゃんの教え子の方で、おばあちゃんとも仲良くしていただいていた方からもご挨拶を戴くなど、100歳の大往生とあってか、しんみりしたものよりも、なにか温かなものさえ感じられるような時間となりました。

解散後、電車の待ち時間を利用して京都の町をお散歩。
何の予定も立てていませんでしたが、近くにあった河井寛次郎記念館を見学しました。
f0093493_12381157.jpg

東京の日本民藝館に行って以来、少し興味があったのですが、記念館のたたずまいや調度品、作品などを見ていると、難しいことを事を考えることなく、単純に素敵な時間と空間を楽しむことが出来ました。
今では珍しい、ゼンマイ仕掛けの柱時計が普通に動いているのも印象的でした。
f0093493_12472716.jpg

建物以上に古いのではないかと言う、素敵なデザインの柱時計。現役で動いていました。

数年前、バネの世界と称したイベントを行った際、時計の現物をお借りすることは出来ても、それをメンテしてもらうところを見付けるまではいたりませんでした。ぜんまいの玩具一つ作ろうとしても、その入手には大変苦労し、黒部の東洋ゼンマイさんにはずいぶん面倒をおかけした記憶があります。こんなに美しく、シンプルで環境にも優しいものが、なぜ時代の中で淘汰されてしまうのでしょう。楽するための便利さと経済的利益のために、人はグロテスクなものを選択する本能を持っているということなのでしょうか。

京の五条で牛若弁慶にご挨拶し、
f0093493_1255742.jpg

路地をふらふらして(それだけで寺社が次々と現れる)、お東さんに到着。
f0093493_12563339.jpg

うちはお西さんですが、さすがに疲れたのと、時間も良い時間だったので、これ以上の散策をあきらめ、お散歩終了。今回はふらふら歩きを選択しましたが、レンタサイクルがずいぶん目立ったから、こんど機会があったらつかってみましょう。
f0093493_12594398.jpg

お土産を超ベタに京都タワービルで買って、京都を後にしました。
f0093493_12581141.jpg

[PR]
by kmongoru | 2012-01-03 12:59 | あらかると