げんさんのつれづれ日誌


by kmongoru
今年最後の活動。

外では雪が降り始めましたが、今日は暖かい室内でクッキングプログラム。

雑貨屋さんで見つけたお買い得のワッフルメーカーで大量のワッフルを焼きました。
そのワッフルを平らな板に見立てて、グループ単位で何かオブジェをつくっちゃおう、ってことです。

まずはどんなオブジェにするか作戦会議。
f0093493_17115292.jpg
f0093493_1712266.jpg


まあ、計画通りにことが運ぶことは無いのですが・・・

材料の説明やワッフル生地、生クリーム、メレンゲのつくり方などレクチャーしたら
f0093493_17143053.jpg


生地から作って、件のワッフルメーカーで焼きます。
f0093493_17125561.jpg
f0093493_1713395.jpg


当然、途中での設計変更や誰が先に焼くやら飾るやら揉め事を通過しながら完成しました。
f0093493_17155730.jpg
f0093493_1716622.jpg


当然、女子班は美しく、男子班はユニークな作品となりました。
食べ方もイコールです!?
f0093493_17164987.jpg


制作の過程でどれだけグループワークが出来たか、と言うのがバンデットにとっては一番大事なのですが、う~ん…これは3月までずっと抱える課題です。

個々の体験と言う意味では、全卵を白身と黄身に分けたり、泡だて器でメレンゲや生クリームを作ったり、粉の計量、調合から生地を作ったりと、普段に無い体験をいろいろしたことと思います。

いつになく、みんなの笑顔が印象的な一日でもありました。

プログラム的としては余談になるのですが、たべちゃうオブジェの審査結果の賞品が駄玩具だったのですが、子ども達の最初の反応は「そんなのいらんわ」って感じでした。
ところがいざ遊んでみると大騒ぎ?!こっちが話をしているのにパチンパチン音が鳴り止みません。

見栄えの良いおもちゃやゲームに慣れすぎていて、五感で体験する遊びをいかに不足しているかがうかがい知れます。ちょっとしたことから、子ども達の環境に関する問題点がいろいろ見えてくるものです。
f0093493_17362622.jpg

[PR]
# by kmongoru | 2011-12-26 17:45 | バンデット

今月のカプラ

某、高貴な方がお使いあそばされて巷で話題になっている「カプラ」。

こどもみらい館では毎月第一土日には、1万枚を超すカプラとカラーカプラを自由に使って遊ぶことが出来ますです。

そして今週末がその第一土日。
こんな感じでディスプレイしてみました。
f0093493_1418584.jpg


ちょっと角度を変えると…
f0093493_14184024.jpg


巨大なキャンドル?ケーキ?(想像力で補ってくださいね)、チャペル風の建物やオブジェの中に、サンタさんがいるのがわかるかな?

ちなみにこのシンプルな塔。
f0093493_1420317.jpg


全体の画像を見るとほんとにシンプルな塔なのですが、これだけアップで写してみると、なんかおかしくありませんか?何本足の塔?どこが水平?
[PR]
# by kmongoru | 2011-12-02 14:21 | カプラで遊ぼう
日頃の行いが良いのでしょうか???
(もちろん子供たちのですが!)

昨日までの悪天候が打って変わって秋晴れの一日。
宝物を探してのランド内ハイキングを行いました。

いつものハイキングはタイミングをずらしてすべての班が同じコースを歩くのですが、今回は解読する暗号によって行く先が違います(合流する地点もありますが)。
f0093493_17563660.jpg

ある班はライブラリーで本の中から暗号を探し出し、ある班は冷蔵庫の中から…
といった具合です。
f0093493_1757388.jpg

埋められたお宝のヒントを掘り出す、ドキドキタイム。
そして掘り出した鍵を使ってロッカーをあけ、お宝(今日の昼ごはんのラーメン)ゲットです。
f0093493_1758588.jpg

f0093493_1815193.jpg

サインやコマ図を使わない分、目的地が分かると走り出したり、地図の見方を間違えて道に迷ったりと、けっこうアクティブな活動になりました。
その分、あったかい昼食はあっという間におなかにおさまりましたとさ?!
f0093493_1804213.jpg

[PR]
# by kmongoru | 2011-11-26 18:01 | バンデット
今日はこめりーずの活動がありました。
砺波H支援学校の学校祭でコンサート。のりのりの子供たちに助けられて、短いけれどもとても楽しいコンサートでした。
ちなみにプログラムは、ドレミの歌、バッハのメヌエットのロックバージョン、メンバー(モン太郎)によるジャグリング、ナイトインザットランド、クラシックメドレー(11曲)、華の舞(滝沢卓作曲)、童謡アニメメドレー、アンコールに聖者の行進。


で、9月から始まったコンサートツアー?
まずはこめりーずによる射水市ボランティアフェスティバル。
魔笛の会の県庁職員文化祭。
ちなみにプログラムはAKBあり嵐あり、大河ドラマのテーマあり、セミクラシックありのなんでもあり?!

そして今日10月29日の演奏。
次は11月5日の黒部学園(魔笛の会)
11月23日2校合同保護者会主催のイベント演奏(こめりーず)。
12月3日山室児童館(こめりーず)。
12月4日Fヴァイオリン教室発表会。
12月13日戸出T保育園クリスマスコンサート。
12月15日千成保育園クリスマスコンサート。
そして12月25日ドレミ音楽教室発表会。
以上9本!これ以外に4つあるのですが、流石に都合がつかず不参加とさせていただいています。
多分来年は職場の事情と息子の野球その他の関係ですべてキャンセルすることになると思うので(毎年そんな事言っている気がするけど)、何とか自分に鞭打ってがんばって年を越したいと思います。
と言っているそばから、次回アンファンタンカルテットの発表曲が決定(流石に日程は決めていない)。ハイドン、フォーレ、ベートーベン各一曲。いつもさらわずに弾いているから、今度こそちゃんとさらおう!と日記には書いておこう(このフレーズ知ってる人は結構ご年配?!)
[PR]
# by kmongoru | 2011-10-29 22:48 | おんがく

わくわくステージ 10月

10月のわくわくステージは、「あみてぃえ」さんと「みっくすじゅーす」さんのステージ。

あみてぃえさんは、ピアノの演奏を軸に、読み聞かせなどを取り入れて、出来るだけ子ども達が親しみやすく音楽の世界に入れるように工夫されています。

みっくすじゅーすさんは、みらい館で行った研修会を機会に結成した新ユニット。みなさん忙しく住まいもバラバラなので、実はそんなに練習できないのですが、各自の経験とキャラクターでパネルシアターやオリジナル脚本の人形劇を上演されました。

そして今回は、運営サイドの勝手な提案に乗ってくださり、2つのグループのコラボステージと言うことになりました。

当日一回の打合せでどうなることかと言う感じでしたが・・・

まずは4手連弾に始まり
f0093493_15271019.jpg

ペープサートを使いながら曲当てクイズ。

そのあと、みっくすじゅーすさんのパネルシアター。
f0093493_1533381.jpg


動物の絵パネルで曲紹介をしながら動物の謝肉祭を演奏。
f0093493_152934100.jpg


そして人形劇なきむしくつぞうくん。
f0093493_15342848.jpg
f0093493_15344189.jpg


あみてぃえさんの音楽つき朗読スイミーが続き、最後はメンバーのお子さんが前に出て、参加者を巻き込んでのダンスタイム。
f0093493_153624100.jpg


見事に動物をテーマにまとまった、次々といろんなものが飛び出すバラエティー豊かなステージとなりました。

そして何よりうれしかったのは、単に順番に上演する、と言うのではなく、歌の伴奏をしたり、ダンスを人形で一緒にしたりと、それぞれのプログラムを補完しあいながら作り上げたと言うところです。
[PR]
# by kmongoru | 2011-10-27 15:41 | わくわくステージ
食欲の秋到来!と言うことで…

野外料理に挑戦しました。
ところがちょっと残念なことが…

プログラム冒頭で、メンバーの一人がなたを使っている最中にケガをしてしまいました。

メンバー本人は軍手をしっかりはめて、指導したとおりの手順で作業していたので、不幸中の幸い、小さな傷で、消毒止血ともすぐに出来ました。

ただ、実は同じ怪我を自分もしたことがあり、お医者さんでちゃんと見てもらったほうが治りがきれいで早いと考えて、保護者の方に同意を得た上で早速病院へ!

骨その他に以上がないことも確認してもらえて、一安心。ご両親にもお詫びを申し上げて、みんなの元へ戻りたい、とのことでプログラムへ復活!!

ということで、かまど作りの説明と、焚き付けから火が大きくなるくらいまでしか様子が良くわかりませんが
f0093493_1454522.jpg
f0093493_14541560.jpg


どうやらこうやら焼きりんごその他、みんなで協力して下ごしらえを終わらせたようで、焼けた順番にかぶりつきました。
f0093493_1455105.jpg
f0093493_14552041.jpg


去年からのバンデット裏メニュー「焼きパイナップル」
f0093493_1456046.jpg

これがほんとにうまいんです。おきに放り込んでただ焼くだけ。甘みが倍増、筋っぽさが半減。
あっという間になくなりました。ちなみに今年は一口も自分の口には入りませんでした(トホホ…)

一部のメンバーに、鶏が気持ち悪い、残酷というイメージがぬぐえずさわらず食べずの人がいたそうです。そうした気持ちを拭い去れるよう機会になればと思ったのですが…
その場にいられず、何もフォロー出来なかったのが残念でなりません。
また、怪我は付き物とは言っても、無いに越したことはありません。
5月に指導して、10月再度挑戦したのですが、まだまだ指導が不十分だったと反省しています。
次にやるとして3月のお泊りだと思うのですが、使用の是非含め、真剣に再考しなければなりません。
[PR]
# by kmongoru | 2011-10-23 15:05 | バンデット
月の第一土日は「カプラで遊ぼう」の日。

今日は天気が悪いせいもあり、来館者の出足は悪かったのですが、お昼ころから来館されてじっくり過ごす家族連れの姿が多かったよう。
子供が作っている横で、大人がこんな立派な椅子を作っちゃいました。
f0093493_17483758.jpg

実際に座れます!
f0093493_17485687.jpg

立ち上がっても壊れませんでしたよ(さすがにもたれかかることは出来ません)。

いつも当たり前に見ることが出来る親子で協力して遊ぶ姿。今日もありました。
f0093493_17504314.jpg

そして、いいところで崩壊して衆目を集めるのもいつもの通り?!
f0093493_17513137.jpg

先ほどの親子のものも良い線いって壊れたのですが、大人の真剣リベンジモードに突入です。
f0093493_1753568.jpg

これもいつものすがたです(^^)

今日は中学生くらいのレディーでしょうか、規則正しくとてもきれいなタワーとも壁とも言える様な構造物を作り出しました。
f0093493_17545393.jpg

2メートルくらいで十分すごいなと思ったのですが
f0093493_17552667.jpg

最終的に3メートル越え、120階建てマンションが完成。上部のデザインが、そこまでの規則性を微妙に崩してとってもアーティスティック!!
f0093493_17565198.jpg


アートと言えば、タワーを作っていた男性が、届かなくなったので途中にデザインを入れておられました。
f0093493_17574890.jpg

何気なく見えますが、とってもバランスをとるのが難しい構造です。すごいです。
これ見つけた子ども達が「これ、マジやばくね?!」と連呼。
f0093493_17585334.jpg

やはり、見る人が見るとわかるのですね!子どものお眼鏡にかなうと言うのは、ほんとにすごいということだと思います。

最後、お片づけまで手伝ってくれる子がいるのも、いつもの姿。これだけみるとカプラ人間?
f0093493_1835850.jpg


世の中にはとってもステキな積み木やブロックがいろいろありますし、みらい館でもいろいろ提供してきましたが、「利用者の創造性」「あらゆる参加者の構成、人数構成」「館運営の円滑さ」をすべて満たすのは、この「カプラ」のみ。これを超えるものを発見できたら、それはニュートリノのスピードレベルの驚きを私に与えてくれると思います?!
[PR]
# by kmongoru | 2011-10-02 18:09 | カプラで遊ぼう
台風一過、見事な秋晴れとなりました。
f0093493_13532679.jpg

6月に出来なかった「追跡ハイキング」を実施。
きのこのケンジくんを道しるべに、坂を上り、丘をこえ、11箇所のチェックポイントでの課題に、仲間と協力して挑みました。
f0093493_1355271.jpg
f0093493_1355438.jpg
f0093493_1356034.jpg
f0093493_13562353.jpg

立ち寄ったふるさとパレスでは、絵画の鑑賞が課題でしたが、スポーツフロアではマーチングの練習をしていたのをちょっと覗き見。
f0093493_13582736.jpg

秋の深まりはこれからですが、栗の実がたわわになっていました。
f0093493_13593388.jpg

CP課題は子ども達が共通の話題を持ち活動をするために大切なアイテムではあるのですが、こうした仕掛け以外のところをともに体験する、その空気感とでも言えばよいのでしょうか、がとっても大切なような気がします。
戻ってきてからは各グループごとに結果発表。
f0093493_142312.jpg


今回はいつもと違った活動班を編成しての実施だったので、いろいろ心配はあったのですが、予想以上の成果があったように感じます。月一回の活動なのであまりいろいろ出来ないのですが、もっともっといろんなことが出来る力を子ども達が持っていることを教えてもらった一日でした。
[PR]
# by kmongoru | 2011-09-25 14:06 | バンデット
19日の祝日は、毎年お越しいただいている人形劇団とんとさんによる人形劇の上演がありました。

f0093493_1714146.jpg


おりがみを使ってショートストーリーをつむぎだす「おりがみとんとん」は、身近な素材での人形劇と言うこともあって、子供達も盛んに声を出してとんとさんとのやり取りを楽しんでいました。

「三まいのおふだ」はとてもなじみの深いお話ですが、その分、山姥への恐怖心が強く、多くの保育園では大変怖がられるとのこと。
 案の定、ちょっと怖いよと前振りしただけで、まだ何もしていないのに席を立って親の元に走る子もいるしまつ!!

 でも実際は、子供達の先入観を適切に利用しつつ、物語のツボを上手に伝えながらテンポのよい人形劇が繰り広げられ、怖がりつつもとっても楽しい時間を過ごすことができました。

f0093493_1764474.jpg
f0093493_1765575.jpg


 毎回素晴しいと思うのが、人形の動きや山姥が水を飲み込んでしまう仕掛けなど、人形劇ならではの楽しみはもちろんのこと、こどもたちの心理を良く考えてストーリーを展開されたり、いろんな意味での「感動」体験を織り込んでいらっしゃるところです。

 えてしてステージショーと言うと、その場を楽しく過ごすことで済ませてしまいがちですが、楽しいことを当然としてその先に何を伝えるかと言うメッセージ性があるとないとで、全く意味合いが変ってくると思います。特にお芝居的なものでは、そのリアリティーが天と地ほど違うので、子供達の心のひだに取り込まれていく感動の数が全く変ってくると感じます。

f0093493_17111781.jpg

そんな感動を得た子供達は、終わった後も名残惜しそうにとんとさんと人形に会いに来るのでした。
[PR]
# by kmongoru | 2011-09-22 17:12 | わくわくステージ
夏休み明けて最初のわくわくステージ。

18日は、サクラトリオさんによる「クラシックジャズコンサート」
それぞれがしっかりしたテクニックと音楽性を持ったプレーヤーですが、こどもとその親御さん向けにプログラムを構成して演奏されました。
f0093493_1652502.jpg

子供達の良く知っているアニメや映画の音楽から、少しクラシカルなものまで演奏していただきました。
どれもステキなアレンジで、あっという間の一時間が流れてしまいました。

短く感じる時間ではありましたが、サックスの伸びやかでやさしい音色や細かなパッセージも鮮やかに演奏される姿、ふだん見る機会の少ないコントラバスの低く豊かな音色(特にアルコ奏法で歌うように引く機会は貴重なはず)、ソロから各楽器のサポートまで休みなく幅広い役割を美しくこなすピアノの姿など、アンサンブルならではの醍醐味が随所に見ることが出来ました。

f0093493_16543032.jpg

演奏もさることながら、みなさんステキにドレスアップされて、お姫様のように美しい立ち姿!
子供達はもちろん、お父さんお母さんもファンタジーな世界を味わうことが出来たように感じました。みらい館には今までになかったタイプの企画だったので、せっかくの良いものなのでこれからも機会を作ってお招きしたいものです!

なおサクラトリオさんは、このあと魚津市と富山市でも演奏会を開かれて、台風の来る中、たくさんの方々にステキな時間をプレゼントされました。
[PR]
# by kmongoru | 2011-09-22 16:58 | わくわくステージ